トランプ大統領はアメリカ全土の国民に対し緊急警報メッセージを送る権利を得た。




トランプ大統領(次期)はアメリカ全土の国民に対し、携帯電話を通じでメッセージを送る権利を得た。これは、アメリカ合衆国が持つWireless Emergency Alerts (WEA、全米無線緊急警報システム)という制度によるものだ。

WEAとは、日本における緊急地震速報のようなものだが、実際にはアメリカの緊急警報には、「天候に関する情報」「AMBER Alert(子供の誘拐事件や行方不明情報)」「大統領による警報」の3種類がある。しかし、前者2つはユーザーがメッセージ受信拒否できるのに対し、大統領からの警報メッセージには受信拒否できる術がない。つまり、アメリカ大統領は、いつでも全国民に対し、携帯電話を通じてメッセージを送信することができるのだ。

日本に比べて犯罪の多いアメリカでは、稀にアンバー・アラートがなる場合があるらしいが、大統領による警報は過去に一度も送信されたことがないという。

ネット上では、演説でもtwitterでも過激な発言が多いドナルド・トランプだけに、初の警報メッセージを期待する声や、警報メッセージが90文字であることから、twitterの140文字と間違えるなとの声がありました。

ネット上のみんなの反応

まろやか@面白いじゃない
@MaroYakaZ

普通にアメリカ大統領に与えられる能力だった / “トランプ氏が全国民に一斉メッセージ可能に–文字数に
ご注意を – CNET Japan” https://t.co/ruUkSBeqZN

2016.12.1

Kei KAWAMURA
@kkei

え、全ての携帯(米国)にメッセージを送れる機能って実在したんだ……東のエデンの創作だと思っていたよ https://t.co/vtayGfYvXE

2016.12.1

黒耀㌠
@Kokuyo_miata

90でも失言には充分 RT @cnet_japan トランプ氏が全国民に一斉メッセージ可能に–文字数にご注意を https://t.co/L891THbqua

2016.12.1

Bakiller
@ganbarujan

これは多分、「滅びの呪文」のような特別なメッセージ。例えば核兵器発射スイッチのような。アメリカが終わり、世界
が幕を下ろす‥その時発せられる?

トランプ氏が全国民に一斉メッセージ可能に–文字数にご注意を https://t.co/awMRqCzkRE @cnet_japanから

2016.12.1


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!

この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!